So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

兼田佳炎-1 萩茶碗 正面 [萩]

兼田佳炎01_01
 「一楽二萩三唐津」という事で、楽焼の次は萩焼です。兼田佳炎(1949-)の萩茶碗で、これが私としては初めて買った萩焼の抹茶茶碗です。

 釉薬の縮れ具合が丁度良い感じなので、写真の位置を正面としました。これで正面を6時位置とすれば、窯印は1時くらいの位置に来ます。

 この茶碗の釉薬の縮れ具合が、私はとても気に入っています。どれくらい縮れさせるかは、ある程度は作者のコントロール下にあるとは思うのですが、実際にどこにどれほど縮れが現れるかは自然な偶然の産物だと思うのです。人の計画性と自然の偶然性が混在するこうした景色に、私はいつも魅了されます。

 また、萩焼にはもっと釉薬を縮れさせた物も多いですが、個人的な好みではこの茶碗くらいが限界かなと思っています。これ以上に縮れさせて、全面が梅花皮状態になると、かなりエネルギッシュな見た目になって、萩焼らしい枯れた雰囲気は失われてしまうような気がします。また、見込みに縮れや気泡が多くなると、使った後にその穴に抹茶粉が詰まって、とても洗い難くなるという実用上の理由もあります。

 この茶碗の形は比較的整っていて、乱れは少ないです。ほぼ半筒のフォルムに、口辺下からちょっと端反りになってアクセントを付けています。釉薬は薄くもなく厚くもなく、砂粒混じりの土と轆轤目を適度に見せています。また、釉薬の流れも微妙にしか現れていません。
 ですから全体的に行き過ぎた所がなく控え目で、じっくり長く使って飽きない茶碗に仕上がっていると思います。・・・イイ感じです。

つづく








佐々木松楽-1 黒楽 掴み跡 [楽・京]

佐々木松楽01_08
佐々木松楽01_09
 佐々木松楽作・黒楽茶碗の掴み跡です。外側と内側からそれぞれ撮影しています。

 黒楽では、釉薬を黒く発色させるために、窯の中で真っ赤に焼けた状態の茶碗をやっとこで掴み出し、そのまま直ぐに水に浸けるなどして急冷します。真っ赤に焼けた状態の茶碗を金属のやっとこで掴む訳ですから、釉薬は柔らかくなっており、掴み跡が残るのです。引き出し黒とも呼ばれるこの技法は、瀬戸黒等の他の黒い焼物でも使われており、それらの焼物では必ず掴み跡が残っています。勿論、普通に焼いても黒く発色する釉薬もありますから、そういう釉薬を使った焼物では掴み跡はありません。

 この茶碗の場合、外側と内側で掴み跡が上下にずれているので、垂直に真っ直ぐ掴んだのではなさそうです。こういう所に職人の仕事ぶりがリアルに現れて興味深いです。

 ・・・と、まぁ、そんなこんなで、安い価格の普及品の黒楽ではありますが、色々と考えさせられる茶碗なのでした。

おわり


P.S. 新年明けましておめでとうございます。







佐々木松楽-1 黒楽 高台と窯印 [楽・京]

佐々木松楽01_06
佐々木松楽01_07
 佐々木松楽作・黒楽茶碗の高台と窯印です。これらの写真では、茶碗正面を上にしています。

 全体に釉薬が掛かっており、土見せが一切ないのは、土の質感が好きな私にとっては残念ですし、造形がかなり整っているのも面白味に欠けます。ですが、高台内の渦巻状の削り跡とか兜巾、畳付の目跡等、それなりの見所もあります。

 「松楽」の窯印はかなり深く押されており、更に土の目が細かい事もあって、印内に釉薬が流れ込んでいるにも関わらずはっきりと文字を読み取る事が出来ます。

 楽焼というのは、低温短時間で焼成するので、土の焼締りが甘くなります。物によっては、水に長時間浸けておくと土が溶けて流れ出すような個体もあるようですし、水が浸み込みやすく器にカビが発生しやすいです。ですから、全体をガラス質の釉薬で覆ってしまうのには、それなりに実用上の意味がある訳です。極端な話、楽焼では土の焼締りに加えて、ガラス質に固まった釉薬も造形を維持するに重要な存在だと言えるかも知れません。

 でも、やっぱり畳付まで黒い釉薬でツルツルだと、何だか工業生産品の磁器を見ているようで、余り面白くありません。同じ黒楽でも、透明な釉薬を使って高台周辺の土を見せている物もあるので、そちらの方が私の好みには合います。

来年につづく(笑)








前の3件 | -