So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の3件 | -

加藤豊久-1 志野 正面 [志野]

加藤豊久01_01
 今回ご紹介するのは、岐阜県土岐市の陶芸家・加藤豊久(1962-)の志野茶碗です。写真では、高台脇の掻き銘を向かって左90°にして置き、この写真の向きを正面としています。

 この茶碗の共箱には「加藤豊久」と書かれているのですが、同氏は2004年に「加藤土代久」(読みは同じ)と改名していますので、この茶碗はそれ以前に製作された物である事が分かります。また、同梱の栞に記載された陶歴には平成2年(1990年)までの事項が入っていますので、この茶碗はそれ以降に製作された物となります。

 この茶碗はかなり大振りで、且つ随分とゴツゴツした作りになっています。そこに所々分厚く流れるように長石釉が施され、まるで地下水が滲み出てきている山中の岩肌のような景色です。また、緋色と白のコントラストが強く出ていて、非常に力強いイメージに仕上がっています。大自然の偶然の景色を髣髴とさせる、こういう作りが私は好きで、この茶碗は素晴らしいなと感じます。

 でも、このゴツゴツした形は、どうやって整形したのでしょう。単純に轆轤で整形すれば、このような形状にはならない筈ですし、箆で削って整形したようにも見えません。ゴツゴツの段差が主に横方向に走っているので、リボン状にした土を輪っかにして積み重ねた、或いは轆轤で整形した後にリボン状の土を外から巻き付けた、そんなような作り方をしているように見えます。実際どういう作り方なのかは分かりませんが、生産性とか均一性とかを無視した興味深い作り方です。この辺は、現代陶芸の面白さだと思います。

つづく








nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中野陶痴-1 絵唐津 高台と窯印 [唐津]

中野陶痴01_06
中野陶痴01_07
 中野陶痴・絵唐津の高台と拡大撮影した窯印です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は真円に綺麗に整形され、兜巾は低めです。高台内の削りは、毛羽立たせるように荒く施され、土の感じを伝えています。高台脇の土見せは僅かですが、釉薬をかける際に器を掴んだ指跡が生々しく残っており、それが面白い景色になっています。

 窯印は小さな「三階菱」です。この窯印は今でも中野窯で使われており、これを見ただけでは何代目の作品なのか、或いは本人作ではない工房作品なのかどうかは分かりません。その判別は、共箱や同梱の栞にある記載に頼らざるを得ません。しかも、工房作品かどうかは、その記載からも判断できません。もしかしたら、中野陶痴の中古作品の価格が高くないのは、中野窯の誰が作った物なのかを作品そのものからは判断できないという所から由来しているのかも知れません。

 ・・・本人作かどうかを判別できない作品を高値で買う事は出来ないという考え方は、作家個人の業績を窯元全体の業績よりもクローズアップするというスタンスから出てくるのだと思いますが、これは実用性よりも芸術性に重きを置いたスタンスなのではないかと思います。実用性の源となるのは「技術」で、これは集団(窯元)の中で継承していく事が出来ますが、芸術性の源となるのは「センス」で、これを継承していくのは大変困難です。ですから、芸術性を重視するなら作家個人に注目せざるを得なくなります。

 工場で大量生産された実用的な磁器が当たり前になっている現代に於いて、手作りの陶器に対しては幾らか以上の芸術性が求められているという事だと思います。

 何だかちょっとややこしい話になってしまいましたが・・・。(笑)

おわり








nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中野陶痴-1 絵唐津 見込み [唐津]

中野陶痴01_05
 中野陶痴・絵唐津の見込みです。この写真では正面を上にしています。

 この茶碗の見込みは非常に特徴的です。茶筅が傷みそうなくらいに表面がザラザラしていて、もしかして見込み側の釉薬に砂が混ざっているんじゃないかと思ってしまいます。釉薬の厚みが非常に薄いので、下の土のざらつきが表面に出ているのかも知れません。
 更に良く見ると、ざらつきだけでなく、毛穴のような小さな穴が幾つも釉薬に開いており、そこから水が茶碗に浸み込んで行きそうです。ただ、非常に硬く高温で焼締められているようなので、実際に水が浸み込んで漏れ出るという事はなさそうです。

 一方、フォルムとしては真円で非常に整っているのですが、茶溜は何となくしか整形されていません。薄手に作られているので、あまり大胆な茶溜は削り出せなかったとも考えられます。

つづく








nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の3件 | -