So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

新庄寒山-1 萩焼茶碗 高台と窯印 [萩]

新庄寒山01_06
新庄寒山01_07
 新庄寒山・萩焼茶碗の高台と拡大撮影した窯印です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は真円に整形され、兜巾も綺麗に作られています。化粧土と釉薬は高台内も含む全面にかけられ、土見せはありません。こういう作りだと、ともすれば単調で面白味のない景色になりがちなのですが、この茶碗では砂混じりのザラザラした肌に加え、故意に毛羽立たせた高台脇の削り跡などから、意外に退屈ではありません。

 窯印は丸に「寒山」となっています。この窯印の辺りだけ砂粒とか毛羽立ちがなく、窯印を判別しやすくなっています。多分、ここだけきめの細かい土を少しかぶせ、その上から窯印を押しているのだろうと思います。そうでないと、これだけ細かい印影を浮き出させるのは無理なのではないでしょうか。丁寧な作り方だと思います。

 という事で、新庄寒山の美人な萩焼茶碗でした。中古の出物は多くはないですが、価格の割りには味わい深い品が多いので、新庄寒山はお薦めの作家です。

おわり








nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新庄寒山-1 萩焼茶碗 見込み [萩]

新庄寒山01_05
 新庄寒山・萩焼茶碗の見込みです。写真では正面を下にしています。

 ほぼ真円で均一な口造り、全体に薄作りで、茶溜はありません。薄くかかった釉薬に縮れはなく、所々にある御本発色が綺麗です。不自然にツルンとはしていないナチュラルな肌で、全体としてやっぱり見込みも美人さんです。

 深川萩の窯元は、萩藩の御用窯でありながら、民間への販売も許されていたという、言わば半官半民の窯元でした。その流れにある新庄助右衛門窯の新庄寒山の作ですから、なる程、この茶碗は御用窯らしい高い完成度がありながら、何処か隣のお姉さん的な親しみやすさも兼ね備えているようにも感じます。中古価格も親しみやすい範疇です。

つづく








nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新庄寒山-1 萩焼茶碗 背面と両側面 [萩]

新庄寒山01_02
新庄寒山01_03
新庄寒山01_04
 新庄寒山・萩焼茶碗の背面(上写真)と、正面向かって左側面(中写真)、右側面(下写真)です。

 背面には釉薬のムラと流れが少し見て取れますが、凡そどの方向から見ても同じような景色です。薄い化粧土と釉薬の下に、細かい砂粒混じりの土。所々赤味を帯びた薄橙のナチュラルな色調。柔らかな曲線を描く碗形の姿は、鋭過ぎず緩過ぎず、丁度良いスタイルで、本当に美人さんです。

 新庄寒山は早くに亡くなった(十四代の当代が高校三年生の時)ので、当代に技を継承するどころか、自らの業績・評価も相応に高める事が出来なかったのではないかと思います。だから現在の中古相場が低くなってしまっているのでしょう。でも、この美しい作品を見ると、かなりのセンスと技術があった事が窺われます。個人的には、もっと評価されて欲しい作家の一人です。

つづく








nice!(17)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

新庄寒山-1 萩焼茶碗 正面 [萩]

新庄寒山01_01
 山口県長門市深川湯本三之瀬に「深川焼」或は「三ノ瀬焼」、「深川萩」等と呼ばれる萩焼の一つの流れがあり、現在は四つの窯元が萩焼を作っています。その四つの窯元の一つ「新庄助右衛門窯」の十三代目・新庄寒山(?-1968?)の萩焼茶碗が上の写真です。写真では窯印を向かって左90°の位置にして写しています。尚、新庄寒山の生没年に関しては、明確な資料を見つけられなかったので、十四代(当代)・新庄貞嗣(1950-)の経歴等から推測しています。

 この茶碗は写真の通り、柔らかい曲線を描く碗形のシルエットに、薄く化粧土と釉薬がかかり、縮れはなく、非常に上品で優しく美しい姿をしています。色調も明るい薄橙(肌色)で、微妙に赤味を帯びた所もあったりして、まるで薄いナチュラルメイクをした美人さんを見ているようです。ちょっとした焦げも、美人さんに付き物の黒子のようですし、細かい砂粒混じりの土も、不自然にツルツルした肌ではないナチュラルな人肌のようです。
 一方、高台は竹の節高台になっていて、優しいだけではない芯の強さを示すように、ちょっとしたアクセントになっています。

 この茶碗を初めて見た時に私は、
 「うわー、美人さんだなぁ」
 と感動して、すぐに購入を決めました。幸い新庄寒山の作品は、中古の出物は多くないですが、歴史ある深川萩の四つの窯元の中では最も買いやすい価格で出回っています。それも購入の手助けになりました。

つづく








nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

兼田佳炎-1 萩茶碗 高台と窯印 [萩]

兼田佳炎01_06
兼田佳炎01_07
 兼田佳炎作・萩茶碗の高台と窯印の拡大写真です。この写真では、茶碗正面は左上の10時位置くらいになります。写真を撮る際に微妙にぶれてしまったのでアレなんですが、高台周辺の雰囲気はお分かりになるかと思います。

 高台は普通に真円の輪高台で、兜巾はドーム状になだらか、高台内と高台周辺にも釉薬がかかっていて、畳付の目跡の部分だけで土を見る事が出来ます。こういうパターンを文字からだけで想像すると、滑らかで優しい景色を想像してしまいがちになるものですが、実際のこの茶碗では違っています。

 目跡から見える土は、長石の砂粒がかなり混ざっていて、随分と荒い感じです。高台周辺は、故意に毛羽立たせた仕上げになっていて、釉薬の縮れや気泡と相まって、荒々しいザクザクした景色です。滑らかな仕上げが多い磁器とは違う、陶器でしか味わえない趣深い景色だと思います。

 窯印には「佳炎」と入っています。萩焼の場合、例え個人作家が個人名を入れる場合であっても、掻き名ではなく印を使う事が多いように思います。主に印を使う風習は楽焼系統も同様なのですが、志野焼では逆に掻き名が多く、唐津焼では個人作と工房作で掻き名と窯印を使い分けるというパターンがあります。こういう文化の違いは、理由は分かりませんが大変に興味深いです。

おわり