So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

中野陶痴-1 絵唐津 高台と窯印 [唐津]

中野陶痴01_06
中野陶痴01_07
 中野陶痴・絵唐津の高台と拡大撮影した窯印です。高台の写真では、茶碗正面を上にしています。

 高台は真円に綺麗に整形され、兜巾は低めです。高台内の削りは、毛羽立たせるように荒く施され、土の感じを伝えています。高台脇の土見せは僅かですが、釉薬をかける際に器を掴んだ指跡が生々しく残っており、それが面白い景色になっています。

 窯印は小さな「三階菱」です。この窯印は今でも中野窯で使われており、これを見ただけでは何代目の作品なのか、或いは本人作ではない工房作品なのかどうかは分かりません。その判別は、共箱や同梱の栞にある記載に頼らざるを得ません。しかも、工房作品かどうかは、その記載からも判断できません。もしかしたら、中野陶痴の中古作品の価格が高くないのは、中野窯の誰が作った物なのかを作品そのものからは判断できないという所から由来しているのかも知れません。

 ・・・本人作かどうかを判別できない作品を高値で買う事は出来ないという考え方は、作家個人の業績を窯元全体の業績よりもクローズアップするというスタンスから出てくるのだと思いますが、これは実用性よりも芸術性に重きを置いたスタンスなのではないかと思います。実用性の源となるのは「技術」で、これは集団(窯元)の中で継承していく事が出来ますが、芸術性の源となるのは「センス」で、これを継承していくのは大変困難です。ですから、芸術性を重視するなら作家個人に注目せざるを得なくなります。

 工場で大量生産された実用的な磁器が当たり前になっている現代に於いて、手作りの陶器に対しては幾らか以上の芸術性が求められているという事だと思います。

 何だかちょっとややこしい話になってしまいましたが・・・。(笑)

おわり








nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中野陶痴-1 絵唐津 見込み [唐津]

中野陶痴01_05
 中野陶痴・絵唐津の見込みです。この写真では正面を上にしています。

 この茶碗の見込みは非常に特徴的です。茶筅が傷みそうなくらいに表面がザラザラしていて、もしかして見込み側の釉薬に砂が混ざっているんじゃないかと思ってしまいます。釉薬の厚みが非常に薄いので、下の土のざらつきが表面に出ているのかも知れません。
 更に良く見ると、ざらつきだけでなく、毛穴のような小さな穴が幾つも釉薬に開いており、そこから水が茶碗に浸み込んで行きそうです。ただ、非常に硬く高温で焼締められているようなので、実際に水が浸み込んで漏れ出るという事はなさそうです。

 一方、フォルムとしては真円で非常に整っているのですが、茶溜は何となくしか整形されていません。薄手に作られているので、あまり大胆な茶溜は削り出せなかったとも考えられます。

つづく








nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中野陶痴-1 絵唐津 背面と両側面 [唐津]

中野陶痴01_02
中野陶痴01_03
中野陶痴01_04
 中野陶痴の絵唐津を各方向から写しました。上が背面、中が正面向かって左側面、下が右側面です。

 適度に乱れて凹凸のある轆轤目がイイ感じです。また、土に砂が混ざっているためか、薄い釉薬の施された表面の肌がザラザラしていて、陶器らしい味わいを出しています。

 中野窯四代の中野陶痴は、唐津駅前に設置されている巨大な陶器製の赤獅子像を製作した陶工である事を考えると、当時それなりに高い評価を受けていた事が想像されます。けれども、現在中古市場に出回っている中野陶痴作の茶碗は非常に買いやすい価格になっています。もしかすると、工房作品と本人作で価格が大きく違っていて、私が見たのは工房作品ばかりだったという可能性もあるのですが、本人作かどうかの判断が私には出来ませんし、何より高い価格で取引されている中野陶痴の中古品を見た事がないので、何とも言えない所です。ただ少なくとも、唐津焼らしいイイ味の作品でありながら、買いやすい価格になっているのは、私にとっては嬉しい事です。今回の絵唐津も、そうした作品の一つです。

つづく








nice!(13)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

中野陶痴-1 絵唐津 正面 [唐津]

中野陶痴01_01
 佐賀県唐津市にある中野窯の四代目・中野陶痴(1916-2012)作の絵唐津茶碗です。絵は写真の一箇所のみなので、写真の位置が正面という事で良いかと思います。それで、ここを正面とすると、高台脇にある窯印は、向かって右90°より少し手前の辺りに来ます。

 硬く焼締められた赤茶色の土に、グレーのザラザラした釉薬がかけられ、草文と思われる簡素な鉄絵が描かれています。轆轤目には適度な乱れが見られ、全体のフォルムはやや直線成分の多い、カチッとした造形になっています。こういう全体にやや硬いイメージに仕上げられた所は、非常に唐津焼らしい作りになっている茶碗だと思います。

 中野窯の興り(初代=松島弥五郎)は安政年間(1855-1860)との事ですから、もう幕末の頃という事になります。そして、唐津藩主・小笠原長行(小笠原家六代)により御用窯の指定を受け、そこから「三階菱」の窯印を使用しています。(尚、小笠原長行は戊辰戦争で旧幕府軍側について箱館まで転戦しているので、藩主として数えない資料もあるとの事。)ですから、16世紀頃から始まる唐津焼の歴史の中では、比較的新しい窯元だと言えるかも知れません。

 この中野窯の四代・中野陶痴は、今も唐津駅前にある巨大な唐津焼の赤獅子像を製作した陶芸家として知られています。それなりに高い評価を得ていた陶芸家だったのだと思います。

つづく








nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

西岡小十-1 絵唐津 掻き銘 [唐津]

西岡小十01_07
 西岡小十・絵唐津の掻き銘の拡大です。

 この「⊃-」という掻き銘は、どうやら「小」という漢字の変形であるようです。西岡小十の掻き銘には、これの他に「十」という漢字の変形のようなタイプもあるのですが、それは若い頃の掻き銘なのか、その掻き銘の作品は余り高い評価は受けておらず、オークションサイトでの落札価格も相対的に低くなる傾向があるようです。逆に言えば、気に入った「十」の器が見つかれば、少しお買い得な価格で入手できるという事です。世間の評価と自分の評価との間にギャップがあれば、それで得する事もある訳です。

おわり








nice!(15)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー